│ ローカル・ルール │


(1) アウト・オブ・バウンズ(O・B)の境界は白杭で示す。
(2) ラテラル・ウォーター・ハザードの境界は赤杭又は赤線で示す。
(3) 修理地は、青杭又は白線で示す。
(4) ホールとホールの間ではプレーを終了したばかりのホールのグリーン上、及びその近くではいかなる練習ストロークも行ってはならない。
(5) NO2・4・6・7・13・16ホールにおいて、第一打がラテラル・ウォーター・ハザードに入った場合、ドロップエリアよりプレイング3にて次のプレーを行う事。,
(6) 樹木の支柱及び支線・管理道路・カート道路・排水施設・花壇は動かせない障害物とする。
(7) バンカー内の石は動かせる障害物とする。
(8) ローカル・ルールの変更は随時クラブハウス内に掲示し、掲示当日より適用する。
 

│ コース内でのマナー│

 

 


  


安全の確認 
 ストローク又は練習スイングを行う前に、プレーヤーは(イ)クラブが当たる身近なところ又は(ロ)球若しくは石・小枝などがストローク若しくはスイングを行った為に飛んでいって当たる恐れのある場所に、誰も人がいないことを良く確かめるべきである。

他のプレーヤーに対する配慮
 相手・同伴競技者は、オナーを得たプレーヤーに先にプレーさせるべきである。プレーヤーが球にアドレスしたりストロークを行っている間、他の者は、動いたり、話をしたり、または球若しくはホールの近く若しくは真後ろに立ってはならない。プレーヤーは、前方の組が球の届く範囲外に出るまでプレーを始めてはならない。

プレーのペース
 各組とも、他の全ての人の為に遅滞なくプレーをすべきである。球を捜している組は、球が直ぐには見つかりそうに無い場合、速やかに後続の組にパスするよう合図すべきである(パスの場合は5分間探した後にしないこと)。また、パスした後続の組が球の届く範囲外に出るまで、プレーを再開してはならない。1ホールのプレーを終了次第、その組のプレーヤーは、直ちにパッティンググリーンを離れなければならない。コース上での進行が遅れて前の組との間に1ホール以上の間隔を生じた組は、後続の組をパスさせるべきである。
 

コース上の先行権


 特定の定めが無い場合、2球でプレーする組は、3球または4球でプレーする組に優先し、これらの組をパスすることが認められるべきである。

  また、これらの組は、2球でプレーする組にパスするよう促すべきである。単独のプレーヤーは、なんら主張できる立場になく、したがって他のいかなる組にも先行権を譲るべきである。1ラウンド全部をプレーする組は、1ラウンド全部をプレーしない組をパスすることが認められている。


 
│ コースの保護 │


 

 

 



バンカー内のくぼみ及び足跡
 プレーヤーはバンカーから出る前に、そこで作ったくぼみ及び足跡を全部入念に治しておくべきである。

ディボットを元の位置に戻す事:パッティンググリーン面のボールマーク及びスパイクによる損傷の修理
 プレーヤーは、(イ)スルーザグリーンで切り取ったり飛ばした芝生(以下「ディポット」という。)を直ちに元の位置に戻して踏み付けて置き、又(ロ)球により作られたパッティンググリーン面の損傷も必ず入念に修理しておくべきである。尚、ゴルフシューズのスパイクによるパッティンググリーン面の損傷は同じ組のプレーヤー全員がそのホールのプレーを終了後に修理しておくべきである。


旗竿・バッグなどによるパティング・グリーン面の損傷
 プレーヤーは、バッグまたは旗竿を置くときに、パッティンググリーン面を損傷しないように注意し、またプレーヤーもそのキャディーも、旗竿を抜き差ししたり球をホールから取り出すときに、ホールの近くにたってホールを損傷することのないように留意するべきである。旗竿は、パッティンググリーンを離れる前に、ホールの中に正しく戻しておくべきである。プレーヤーは、パターにもたれてパッティンググリーン面を損傷してはならない。特に、ホールから球を取り出すときにこの点に留意すべきである。


ゴルフカート
 プレーヤーは、ゴルフカートの運転に関する注意事項を厳守すべきである。

練習スイングによる損傷
 プレーヤーは、練習スイングを行う時、ディボットを取ってコース(特にティーインググラウンド)を損傷することのないように注意すべきである。

 

Copyight:Zhuhai Golf Club
Phone:0756-3311673 3311173 3311674 Fax:0756-3311174
Support:SOOWO